エポ工法

 

エポ工法  詳しい説明はこちら

banner

塗装工事前に人孔上部を撤去して規定の仮蓋を設置することにより、人孔上部の突起がない状態で、掘削・切削・塗装材料の敷き均し・転圧等の各種作業を連続機械化施工で支障なく行うことが可能になる工法技術である。表層塗設後に人孔部分を円形に切断のうえ、人孔上部の据付け、復旧を行うため、施工性の向上に加え、一時交通開放時の安全性の確保、人孔鉄蓋周囲の塗装の平坦性が確保できる。また、復旧材はアスファルト塗装と同等以上の耐久性を有している。

banner

※一時交通開放時に人孔部の擦り付け(段差がない)不要
※調整部やマンホール周辺の支持部材の欠損がなく
  クラックも発生し難く雨水等の不明水の流入・浸水を防げる
※アスファルトと同等以上の耐久性が確保できる

Copyright© 2013 伊予ブルドーザー建設 All Rights Reserved.