鋼製桟道橋工法

 

メタルロード工法    詳しい説明はこちら

banner

主に中山間部の急斜面の道路拡張に適した鋼製桟道橋工法である。鋼管杭、H型鋼を主体とした主桁、鋼管、格点桁及び床板からなる立体ラーメン構造体となる。 一般に勾配が30度以上の斜面において、支持層が深い(堆積層から2m以上)場合に適している。


banner

※施工手順:準備工→杭打設工→桁架設工→床板工→完成
※耐久性に優れた立体ラーメン構造で本設道路に使用できる
※有為の道路工事でも、部材の搬入、架設が容易
※地形や植生など自然環境への影響が最小限で済み
  環境保全に優れる
※既存交通を確保しながら拡張工事を行える
※複数の構造タイプ(標準・張出・複合・独立)から選べる

施工写真    クリックすると拡大できます









Copyright© 2013 伊予ブルドーザー建設 All Rights Reserved.