地盤改良工事

 

表層混合処理工法
    ―――乾  式

 

エスミックベース工法         詳しい説明はこちら

banner

エスミックベース工法はバックホウに取付けたミキシングバケットによりセメント系固化材を紛体の状態で現状地盤と混合攪拌し、セメント系固化材の硬化により地盤強度を高める工法。



banner

※改良可能深度:施工地盤から-3m
※用途:小規模建物・仮設道路・大型重機のための仮設地盤
※使用機器:油圧ショベル



表層混合処理工法
    ―――湿  式

 

エスミックスラリー工法        詳しい説明はこちら

banner

セメント系固化材と水を所定の配合でプラントで混練したセメントスラリーをグラウトポンプにより圧送し、バックホウアームより吐出しミキシングバケットより現状地盤と混合攪拌し、セメントスラリーの硬化により地盤強度を高める工法である。

banner

※改良可能深度:施工地盤から-3m
※用途:小規模建物・仮設道路・大型重機のための仮設地盤
  擁壁・カルバード
※杭頭処理による掘削土については産業廃棄物扱いとなる
※使用機器:油圧ショベル,プラント,(セメントサイロ)



深層混合処理工法
    ―――湿  式


エスミコラム工法           詳しい説明はこちら

banner

セメント系固化材と水を所定の配合でプラントで混練したセメントスラリーをグラウトポンプにより圧送し、杭打機の共回り防止翼付き掘削ヘッドより吐出し現状地盤と均一に混合攪拌することにより所定の径及び長さの改良体を築造し、セメントスラリーの硬化により改良体の強度を高める工法

banner

※改良径:φ600mm~1600mm
※低騒音・低振動で施工が可能
※杭頭処理による掘削土については産業廃棄物扱いとなる
※使用機器:地盤改良機,油圧ショベル,プラント,(セメントサイロ)



 

エポコラム工法            詳しい説明はこちら

banner

セメント系固化材と水を所定の配合でプラントで混練したセメントスラリーをグラウトポンプにより圧送し、杭打機の篭状の外翼とその内側を逆回転する中翼、さらにその内側を中翼と逆回転する芯翼で構成された複合相対回転翼(エポコラム翼)より吐出し現状地盤と均一に混合攪拌することにより所定の径及び長さの改良体を築造し、セメントスラリーの硬化により改良体の強度を高める工法

banner

※改良径:φ600mm~1600mm
※低騒音・低振動で施工が可能
※杭頭処理による掘削土については産業廃棄物扱いとなる
※使用機器:三点式杭打機,ダブルオーガー,プラント
         (セメントサイロ),油圧ショベル

施工状況全景(航空写真)

banner
                                          施工場所:エミフル松前新築工事



Copyright© 2013 伊予ブルドーザー建設 All Rights Reserved.