既製コンクリート杭工法

 

打撃工法

 

打撃工法

banner

三点式杭打機取り付けた油圧ハンマで既製コンクリート杭を打撃し、その打撃エネルギーを打込み方向に与え土中に貫入させる工法。打ち止め管理式により、支持力を算出でき、信頼性が高い。規定値に達しない場合は既製コンクリート杭の追加する可能性もある。公害も、打込みによる振動・騒音を伴う。また、打込み時に既製コンクリート杭の損傷・高止まりの恐れも伴う。

banner

※杭径:φ300mm~φ800mm程度
※杭長:杭径の110倍程度まで対応可能
※シンプルな工法ゆえに、使用機械が少なく経済性が高い
※使用機器:三点式杭打機,油圧ハンマー

プレボーリング最終打撃工法

 

プレボーリング併用打撃工法      詳しい説明はこちら

banner

三点式杭打機にアースオーガと油圧ハンマを取り付け、アースオーガにより所定の深度まで掘削した後、油圧ハンマーにより既製コンクリート杭を打撃し、その打撃エネルギーを打込み方向に与え土中に貫入させる工法。打ち止め管理式により、支持力を算出でき、信頼性が高い。規定値に達しない場合は既製コンクリート杭の追加する可能性もあります。公害も、打込みによる振動・騒音を伴う。また、打込み時に既製コンクリート杭の損傷、高止まりの恐れも伴う。

banner

※杭径:φ300mm~φ800mm程度
※杭長:杭径の110倍程度まで対応可能
※プレボーリングにより振動・騒音を低減できる
※使用機器:三点式杭打機,シングルオーガー,油圧ハンマー,発電機



中堀り打撃工法

banner

杭の中空部に挿入したスパイラルオーガを挿入し、三点式杭打機のアースオーガに取り付け先端地盤を掘削し、掘削残土を中空部を通して排土しながら所定深度まで杭の自重または圧入した後、スパイラルオーガを引き抜き油圧ハンマにより杭を打撃し、その打撃エネルギーを打込み方向に与え土中に貫入させる工法。打ち止め管理式により、支持力を算出でき、信頼性が高い。規定値に達しない場合は既製コンクリート杭の追加する可能性もある。公害も、打込みによる振動・騒音を伴います。また、打込み時に既製コンクリート杭の損傷、高止まりの恐れも伴う。

banner

※杭径:φ400mm~φ1000mm程度
※杭長:80mまたは杭径の110倍程度まで対応可能
※最終打撃以外の振動・騒音を低減する
※掘削・沈設時に泥水を使用しないため残土寮を軽減できます。
※使用機器:三点式杭打機,ダブルオーガー,油圧ハンマー,発電機

埋込み工法
    ―――プレボーリング根固め工法

 

セメントミルク工法          詳しい説明はこちら

banner

三点式杭打機のアースオーガに取り付けたスパイラルオーガにより、掘削液を注入しながら所定深度(支持層)まで掘削を行い、根固め液を掘削先端部に注入した後スパイラルオーガを引き上げながら杭周固定液を注入し、既製コンクリート杭を建て込み回転圧入または軽打により根固め液中に底着させる。既製コンクリート杭と根固め液と杭周固定液の硬化によって一体化させて支持力を発揮させる工法。

banner

※杭径:φ300mm~φ600mm程度
※杭長:35m程度の既製コンクリート杭まで対応可能
※低騒音・低振動で施工が可能
※近隣構造物に対する影響が少ないので近隣作業が可能
※泥水・掘削土については産業廃棄物扱いとなる
※使用機器:三点式杭打機,シングルオーガー,プラント,発電機
  セメントサイロ,油圧ショベル



アトラス工法             詳しい説明はこちら

banner

掘削ヘッドとスクリューを使用し所定深度まで掘削水を注入しながら、杭径+10cmの直径で掘削する。所定深度まで掘削後上下反復をゆっくり数回行い、孔底より根固め液を所定量注入しながらスクリューをゆっくり引き上げる。根固め液注入終了確認後、杭周固定液に切り替えて注入攪拌しながらロッドをゆっくり引き上げ掘削孔中をソイルセメント化する。この孔中に先端金具を装備した開放杭を自沈挿入し、支持杭付近より回転挿入し、杭を所定の位置に沈設する

banner

※杭径:φ400mm~φ800mm程度
※杭長:50mまたは杭径の110倍程度まで対応可能(ST杭含む)
※低騒音・低振動で施工が可能
※近隣構造物に対する影響が少ないので近隣作業が可能
※泥水・掘削土については産業廃棄物扱いとなる
※使用機器:三点式杭打機,シングルオーガー,プラント,発電機,セメントサイロ,油圧ショベル



HiFB(ハイエフビー)工法           詳しい説明はこちら

banner

掘削は掘削攪拌装置により、施工地盤内に掘削液を注入しながら所定深度まで掘削攪拌された掘削孔を造成する。所定深度(支持層付近)において、根固め液を注入して掘削底部に根固め球根を築造する。そして掘削攪拌装置を引き上げながら杭周固定液を注入・攪拌して、ソイルセメント状の掘削孔を築造する。杭の設置は、既製杭を掘削孔内に自沈または回転埋設して、所定深度の根固め球根部に杭先端を設置する高支持力工法である。

banner

※杭径:φ300mm~φ1200mm程度
※杭長:砂質地盤63m程度・礫質地盤66m程度・粘度地盤53m程度
※低騒音・低振動で施工が可能
※近隣構造物に対する影響が少ないので近隣作業が可能
※泥水・掘削土については産業廃棄物扱いとなる
※使用機器:三点式杭打機,シングルオーガー,プラント,発電機,セメントサイロ,油圧ショベル



GMTOP(ジオミキシング)工法         詳しい説明はこちら

banner

掘削ヘッドと螺旋部分に切り欠き(スリット)を有するスクリューを使用し所定深度まで掘削水を注入しながら掘削する。所定深度まで掘削後上下反復を行い、孔底より充填液を注入しながらスクリューとゆっくり引き上げる。充填液注入確認後、この孔中に節符開放杭を自沈挿入し、支持杭付近より回転挿入し所定位置に沈設する。

banner

※杭径:φ440-330mm~650-500mm
※対応杭:既製コンクリート杭,鋼管杭(節孔と継いで使用)
※杭長:43m程度
※低騒音・低振動で施工が可能
※近隣構造物に対する影響が少ないので近隣作業が可能
※泥水・掘削土については産業廃棄物扱いとなる
※使用機器:三点式杭打機,シングルオーガー,プラント,発電機
  セメントサイロ,油圧ショベル



BASIC工法               詳しい説明はこちら

banner

掘削ヘッドとスクリューを使用し所定深度まで所定の杭周固定液の50%以上を注入しながら掘削する。掘削底部に根固め液の注入を開始し、根固め部を築造する。ロッドを引上げながら杭周固定液を再注入した後、杭を自沈あるいは回転させながら建込み、所定深度に杭を定着させる。

banner

※ストレート杭:φ300mm~1000mm
※拡頭杭・ST杭:φ300-350mm φ900-1000mm
※杭長:砂質地盤40m程度・礫質地盤56m程度・粘度地盤43m程度
※一般的なプレボーリング根固め工法よりも大きな支持力
※低騒音・低振動で施工が可能
※近隣構造物に対する影響が少ないので近隣作業が可能
※泥水・掘削土については産業廃棄物扱いとなる
※使用機器:三点式杭打機,シングルオーガー,プラント,発電機,セメントサイロ,油圧ショベル

埋込み工法
    ―――プレボーリング拡大根固め工法

 

H・B・M(ハイビーエム)工法          詳しい説明はこちら

banner

既製杭(下杭はNCS-HB105)を用いたプレボーリング拡大根固め工法。掘削攪拌装置により掘削液(主に水)を注入しながら地盤を掘削攪拌し、所定の深度まで泥土化させた掘削孔を築造する。支持層深度に到達したら先端ビットを逆転拡翼し、拡大掘削による上下反復を行い、根固め液を注入して根固め球根を築造します。引続き掘削攪拌装置を引上げながら杭周固定液を注入反復する。掘削攪拌装置を正転引き上げ後、HBパイルを使用した杭を自沈、または回転圧入により所定深度に杭を設置する。

banner

※ストレート杭:φ300mm~1000mm
※ST杭:φ300-350mm φ800-900mm
※HB杭:φ300-350mm φ800-950mm
※杭長:砂質地盤70m程度・礫質地盤66m程度
※一般的なプレボーリング根固め工法よりも高支持力
※低騒音・低振動で施工が可能
※近隣構造物に対する影響が少ないので近隣作業が可能
※泥水・掘削土については産業廃棄物扱いとなる
※使用機器:三点式杭打機,シングルオーガー,プラント,発電機,セメントサイロ,油圧ショベル



NEWニーディング工法          詳しい説明はこちら

banner

ニーディングロッド及び特殊オーガーヘッドを使用して、その先端より適量の水を噴出しながら掘削する。そして、所定の位置に取付けられたドラムにより、泥化した土を孔内周面に練り付け杭の挿入を容易にするもの。 尚、使用する杭がストレート杭の場合は、掘削径を杭径+3cmまたは杭径+8cmとして杭周固定液を充填するものと、杭径とほぼ同径で掘削し杭周固定液を使用しないものの2種類があり、杭が先端拡大部を有する場合には、掘削径を先端拡大部+3cmとして杭周固定液を使用する。

banner

※ストレート杭:φ300mm~1000mm
※ST杭:φ300-350mm φ900-1000mm
※杭長:杭径の110倍以下、かつ80m以下
※一般的なプレボーリング根固め工法よりも高支持力
※低騒音・低振動で施工が可能
※近隣構造物に対する影響が少ないので近隣作業が可能
※泥水・掘削土については産業廃棄物扱いとなる
※使用機器:三点式杭打機,シングルオーガー,プラント,発電機,セメントサイロ,油圧ショベル



RODEX工法               詳しい説明はこちら

banner

特殊な掘削ロッドと拡大ビットにより施工地盤に泥土化させた掘削孔を設け、さらに支持層では掘削孔を拡大掘削しつつ、根固め液を注入しながら支持地盤に拡大球根を築造します。そしてこの掘削孔に杭を建て込み、杭と支持層の一体化を計り、支持力の発現を行う工法。 尚、本工法には使用する杭が変断面を有しないもの(RODEX工法と称す)と、拡径した変断面を有するもの(ST-RODEX工法と称す)の二種類がある。

banner

※ストレート杭:φ300mm~1000mm
※ST杭:φ300-350mm~700-800mm
※杭長:φ300mm~φ600mm 66m以下
     φ700mm~φ1000mm砂質土70m以下・礫質土80m以下
     φ3035mm~φ5060mm 66m以下
     φ6070mm~φ7078mm砂質土66m以下・礫質土66m以下
※一般的なプレボーリング根固め工法よりも高支持力
※低騒音・低振動で施工が可能
※近隣構造物に対する影響が少ないので近隣作業が可能
※泥水・掘削土については産業廃棄物扱いとなる
※使用機器:三点式杭打機,シングルオーガー,プラント,発電機
  セメントサイロ,油圧ショベル



Hyper MEGA工法            詳しい説明はこちら

banner

掘削ヘッドとスクリューを使用し掘削液を送りながら所定深度まで掘削を行い先端部で攪拌翼を開き杭周固定液を吐出しながら所定深度まで引き上げる。拡大掘削範囲を上下反復して杭周固定液と掘削土砂とを混合攪拌し、所定の範囲に根固め液を注入しながら拡大根固め部の範囲で反復混合撹拌を行った後、正転でロッドを引上げます。その後、杭の鉛直性を確認しながら建込み、所定深度に杭を定着させる。

banner

※杭径:φ300mm~1200mm
※杭長:砂礫質地盤68m・粘土質地盤60m
※一般的なプレボーリング根固め工法よりも高支持力
※低騒音・低振動で施工が可能
※近隣構造物に対する影響が少ないので近隣作業が可能
※泥水・掘削土については産業廃棄物扱いとなる
※使用機器:三点式杭打機,シングルオーガー,プラント,発電機
  セメントサイロ,油圧ショベル

埋込み工法
    ―――中堀り工法

 

TAIP工法               詳しい説明はこちら

banner

杭中空部に挿入した特殊オーガヘッドとシャフトを用いて,杭先端部より掘削水を噴出しながら地盤を掘削し,同時に杭体を回転させて地盤中へ貫入する。支持層へ根入れ後,セメントミルクを噴出撹拌することにより拡大根固め球根を築造し、杭と拡大根固め球根と地盤との一体化を図り、支持力を発現させる工法である。

banner

※杭径:φ300mm~1000mm
※杭長:80m程度まで対応可能
※低騒音・低振動で施工が可能
※泥水・掘削土については産業廃棄物扱いとなる
※使用機器:三点式杭打機,シングルオーガー,プラント,発電機,セメントサイロ,油圧ショベル
        コンプレッサー



NAKS工法               詳しい説明はこちら

banner

NAKS工法とは特殊構造の拡大ビットをスクリューの先端に取り付けて、杭の中空部を利用して中掘りし、杭を沈設するものです。この拡大ビットは杭先端が支持層付近に達するまでビット径は杭径以下で掘削します。支持層付近に達した後は拡大翼を杭径より大きく開き、さらに機械的に固定し地上で確認した後に根固め材と支持層の砂・礫の混合によって杭先端に拡大球根を確実に製造する工法。

banner

※杭径:φ450mm~1000mm
※杭長:φ450mm~600mmの場合 砂層50m以下・礫質or砂礫質60m以下
     φ700mm~φ1000mmの場合 80m以下
※低騒音・低振動で施工が可能
※泥水・掘削土については産業廃棄物扱いとなる
※使用機器:三点式杭打機,シングルオーガー,プラント,発電機,セメントサイロ,油圧ショベル
        コンプレッサー



Hyper NAKS工法            詳しい説明はこちら

banner

NAKS工法とは特殊構造の拡大ビットをスクリューの先端に取り付けて、杭の中空部を利用して中掘りし、杭を沈設するものです。この拡大ビットは杭先端が支持層付近に達するまでビット径は杭径以下で掘削します。支持層付近に達した後は拡大翼を杭径より大きく開き、さらに機械的に固定し地上で確認した後に根固め材と支持層の砂・礫の混合によって杭先端に拡大球根を確実に製造する工法。

banner

※杭径:φ500mm~1200mm
※砂層71m以下・礫層65m以下 ※低騒音・低振動で施工が可能
※泥水・掘削土については産業廃棄物扱いとなる
※使用機器:三点式杭打機,シングルオーガー,プラント,発電機,セメントサイロ,油圧ショベル
        コンプレッサー



Copyright© 2013 伊予ブルドーザー建設 All Rights Reserved.