重機部

地下連続壁工事

概要
3SW工法は地中の土砂を円柱状のソイルパイルとして形成し、これを壁軸方向にオーバーラップさせて柱列の連続地中壁杭を造成するものです。
すなわち、3SWオーガーマシンとロッド・中間振止め・先行ガイド部・先端ピットを地盤垂直方向に上下できるように設け、3SWオーガーマシンにより、3連ロッド及びピットを回転しながら掘進、中心軸または両サイドロッドの掘削軸からセメント・ベントナイトの混合液を注入しながら掘起した土砂を3連刃先で攪拌し、所定の深度に達した後引抜き、円状の3連ソイルパイルを造成します。
また、土圧に応じてH鋼等の芯材を挿入します。
次にこれを壁軸方向にオーバーラップするように、連続的に形成させることを特徴とする止水土留壁施工法です。
特長
地下連続壁工事

特殊モーター及び油圧の使用により無振動・無騒音で安全確実に施工を行います。 また、軟弱層にも適用できます。

オーバーラップで施工するため止水効果を高めます。

H形鋼の断面係数により必要な土圧を負担します。

所定の位置まで壁造成が可能なため、敷地内部の有効面積が大です。

特殊多軸ガイド使用のため、通り芯、垂直共に高い精度が得られます。
掘削機本体よりロッド直結装置によって、垂直精度の高い掘削を行います。

回転ビットの組み合わせにより静かに掘削し、数回の上下運動で掘削が完了するため、壁面の崩壊を起こさず、壁面は円滑に仕上がります。
また、使用材料の食い込み量も極めて少量です。