重機部

アースドリル拡底工法

概要
アースドリル工法の特長を生かしながら、杭の軸部から拡底部までの掘削工程を一貫施工で行い、孔底部を専用の拡底バケットにより、杭先端の断面積を大きくした場所打ち杭を造成する工法です。
拡底杭は杭支持力増大のため有効な方法で、排土量やコンクリート量が減少できるなど、経済施工を可能にします。
特長
アースドリル拡底工法

杭先端の支持力を大幅に増大させることができる。

硬質地盤の掘削が可能であり、支持層への確実な根入れが確保できる。

掘削土量や使用コンクリート、鉄筋などの使用量を低減させることができる。

記録装置により拡大量などの施工管理が容易にできる。

工期の短縮、工事費の節約ができる。