重機部

メタルロード工法

概要
メタルロード工法は、
- 圧延H型鋼で構成される上部工(主桁と横桁、及び格点部)
- 鋼管杭基礎
を剛結により一体化した構造の上に、
- グレーチング床版(RC床版の場合もあります)
を備えた、立体ラーメンプレハブ桟道橋です。
主に中山間部の急傾斜面における道路拡幅工事に適しております。
特長
メタルロード工法

杭と桁が道路方向および道路直角方向とも剛結された立体ラーメン構造であり、活荷重や地震時荷重に対して優れた耐荷力を有しています。

短尺軽量なプレハブ部材から構成されており、中山間部の狭小かつ複雑な地形に対しても柔軟に対応して設計できます。また、実現場においても部材の運搬・架設が容易で施工性に優れております。

大規模な掘削や埋戻しを必要とせず、残土や廃棄物が殆ど発生しません。自然の地形や生態環境に対する影響が最小限で済むクリーンな工法です。

荷重は杭により堅固な支持層に伝えられるため、表層の現況斜面の安定性を損なうことがありません。地滑り地帯など盛土が困難な場所において極めて有効です。

手延べ式施工により、既存道路交通を確保したまま施工を進めることができます。