重機部

中掘工法

概要
中掘工法は既製杭の中空部にアースオーガを挿入し、これを回転させ、ビットで掘削された土砂を杭中空部に通して杭頭部より排土しながら、杭を杭自重及び圧入装置によって沈設します。
杭が所定深度に達したら、ビットの先端よりセメントシルク根固め材を吐出させながら所定深度まで掘削してアースオーガの上下反復を行い、支持層の土砂と十分に混合し、乱した地盤を固結させ、支持力を発現させる工法です。
特長
中掘工法

掘削・建て込み作業の同時進行が可能なため、効率の良い施工ができます。

孔壁の崩壊がないため、安定液や泥水処理設備が不要です。

信頼性の高い杭の施工ができます。

低振動・低騒音の施工ができ、公害問題が生じません。

杭をケーシングとして利用するので、鉛直精度が良く施工できます。

最終打ち止め以外はほとんど低振動・低騒音です。

打撃工法では打ち抜くことが困難な中間層でも打ち抜くことができます。