重機部

深礎工事

概要
深礎工法は、傾斜地や狭い場所でも施工可能な、人力掘削による場所打ち杭工法です。
掘削面やコンクリートの打設状況などを目で直接観察しながらドライ施工ができ、無振動・無騒音であるところに、この工法の最大の特長があります。
深礎工法が多用されているのは、空間の狭いアンダーピニング、近接施工、大型掘削機械を使用しにくい地滑り防止杭、山岳傾斜面上の橋梁や送電線鉄塔などの基礎工事などです。
深礎工事