重機部

油圧ハンマー打撃工法

特長
油圧ハンマー打撃工法

ダブルアクション方式の採用により、ハンマ全長を短くでき、その分リーダ長を短くして杭打ち作業できます。

打撃回数が多く、また一打撃辺りの貫入量が大きいため、施工スピードが速まります。

低燃費で油圧回路緩撃機能により、ホースの耐久性向上します。

近接スイッチ方式の採用により、各打撃毎の打撃エネルギーのばらつきがありません。

施工条件に合わせ、ラム落下高さを8段階に調節できます。

打撃部分は厚板鋼板による遮音構造です。

油圧ユニットは排出ガス対策型エンジンを搭載し、産業公害防止の融資が利用できます。

シングルアクション方式の採用により、更なる高速型ハンマを実現可能にした。(NH-Sシリーズ)