推進工事部

コマンド工法

概要
コマンド工法は、推進工法用鉄筋コンクリート管の先端に方向修正ジャッキ等を装備した密閉型泥濃式掘進機をコンパクトな立杭(Ф3000mmケーシング)から、先導体として操向性を保持しつつ、基本的に中押しジャッキを用いず発信立杭坑内に設置した元押アクロバットジャッキの推進力により推進管を推進・埋設する工法です。
特長
コマンド工法

コンパクト立杭からの推進可能。

アクロバットジャッキと、V.E(バリアブル・エンジニアリング)対応型掘進機により、Ф3000mmケーシング立杭から発信可能です。

適用土質が広い。

安定剤として高濃度泥水を利用することによって、切羽及びテールボイドの安定が確実であるため軟弱層からの透水性の高い砂礫層まで広範囲の土質に対応できます。

長距離・急曲線推進が可能。

オーバーカットを行うことによって、低推進力による長距離推進やカーブ推進が可能です。

排泥が容易。

排泥は真空吸引輸送方式なので、長距離輸送が可能です。


アクロバットジャッキ
Ф3000mm立杭よりФ1200mm長さ2430mmのヒューム管(標準管)まで推進出来る最新鋭の推進ジャッキ。
コマンド工法

開閉自在の推進ジャッキで作業に応じたスペース確保と安全性を向上させました。

4段2ステップ方式により作業時間の短縮とコストダウンを追及しました。

長距離推進を可能にする総推進力400トンジャッキです。

円形反力板が周辺地盤の受働土圧範囲を拡大しました。